コウモリの侵入はコウモリ駆除業者が対応|業者選びと害虫被害

ねずみの種類と分類

鼠

日本国内に生息するねずみの中で、家屋に侵入し被害を発生させるねずみはイエネズミと分類されます。イエネズミに分類されるねずみというのは、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの三種です。その内、都市部や住宅街で見られるのはドブネズミとクマネズミの二種で、衛生被害や糞害を中心に様々な被害を発生させています。ドブネズミは湿気のある場所を好み、下水等で生活するねずみです。一般的なねずみのように壁伝い・配管登り・綱渡りといった立体的な移動が苦手で、その代わりに泳ぐことを得意とします。体が大きく、食性は肉食に近い雑食、性格は獰猛といった特徴があり、クマネズミと比べ危険なイエネズミです。クマネズミはドブネズミとは真逆の特徴を持っており、泳げない代わりに立体的な移動が得意で、警戒心の強い性格をしています。
ドブネズミとクマネズミはその特徴の違いから、ねずみ駆除を行なう際の方法も異なってくるのです。ドブネズミの場合、罠などを仕掛けることで捕獲することが可能ですが、クマネズミとなると警戒心が強いため罠に掛かりません。そのため、クマネズミは薬物散布によるねずみ駆除が行われます。ドブネズミであっても、数が多ければ薬物散布によって駆除することがあるでしょう。薬物散布であれば即効性があり、より短い期間で確実に駆除することができるのです。また、そういった効果的な薬物散布というのは、ねずみ駆除業者でなければ実現できません。ねずみ駆除業者が使用する薬剤というのは、市販で売られている鼠殺剤に比べ遥かに強力な物なのです。