コウモリの侵入はコウモリ駆除業者が対応|業者選びと害虫被害

毒を持つ害虫の対処

百足

ムカデというのは百足と書くように多数の足が生え、素早く動き回ります。その外見や挙動というのは生理的嫌悪感を与え、多くの人に嫌われているのです。また、ムカデというのは毒を持っており、それも嫌われる理由の一つでしょう。日本国内にいるムカデは約130種類と言われており、その中でも人間に対して危害を加えるのは「トビズムカデ」「アオズムカデ」「オオムカデ」の四種です。
人間に危害を加えるムカデというのは、様々な隙間から家屋に侵入してきます。布団などに入りこんでいることもあり、気付かずに布団を被って咬まれてしまったというケースもあるのです。ムカデに咬まれると傷口が腫れ、激しい痛みが発生します。最悪の場合、アナフィラキシーショックにより眩暈や嘔吐、頭痛、呼吸困難、血圧低下等の症状が発生することもあるのです。アナフィラキシーショックによる症状は、二度目の被害から発生し易くなります。つまり、ムカデ駆除を行う際には、咬まれないよう細心の注意を払う必要があるのです。そういったリスクを避けつつ確実なムカデ駆除を行ないたいと考えるのであれば、ムカデ駆除業者への依頼をお勧めします。中には、ムカデ駆除業者に支払う費用を惜しんで個人で駆除を行なう人もいるでしょう。それを行う際に、もしもムカデに咬まれてしまったのであれば注意する点が二つ存在します。まず、傷口を冷やさないという点です。ムカデの毒は熱に弱いため、43度から46度の熱湯で傷口を5分程洗い流すことで痛みを抑えることが可能です。その逆に、傷口を冷やしてしまうと痛みが増し、痙攣や気絶の症状が引き起こされることもあるのです。また、毒を口で吸いだそうとする人もいますが、ムカデの毒を口で吸った場合、口内の腫れ、嘔吐、悪寒、気道閉塞といった症状が発症してしまうので避けましょう。そういったリスクも踏まえて考えると、ムカデ駆除業者に退治を任せた方が賢明だと思えるはずです。